PDF Report at ZDNET

「デジタルツイン」の狙いとインパクト

PDF Report@ZDNet

2018-05-01 18:30

 企業は、物理的な資産やプロセス、業務の「デジタルツイン」を構築することで、システムを最適化し、業務を効率化してコストを削減できるようになるかもしれない。

 Gartnerによれば、「デジタルツイン」とは物理的な実体をデジタルで表現したものであり、これには実体が生み出すデータや、そのデータを監視する能力も含まれている。デジタルツインは変化に対する素早い対応を可能にし、特に資産利用の最適化や予防的メンテナンスに威力を発揮する。またGartnerは、デジタルツインを2018年の戦略的テクノロジトレンドのトップ10の1つに挙げており、IoTプロジェクトのコンテキストで今後3~5年間にわたって特に有望としている。General Electric(GE)などは、この技術がデジタル変革の鍵だとしている。

 デジタルツインの狙いやインパクト、またこの概念をよりよく把握するために参考になる記事をまとめた。

「デジタルツイン」の狙いとインパクト

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]