編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

NTT Com、「VMware Cloud Foundation」によるクラウドサービスを発表

NO BUDGET

2018-07-03 10:29

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」(ECL)に、VMwareの統合ハイブリッドクラウド基盤「VMware Cloud Foundation」と「VMware Hybrid Cloud Extension」を採用し、8月8日から提供すると発表した。

 「VMware Cloud Foundation」は、VMwareの仮想化ソフトウェアを統合した製品で、クラウド上でのシステム構築・運用管理(パッチアップデート)を自動化する機能を持つ。「VMware Hybrid Cloud Extension」は、オンプレミスのvSphereの環境から、最新バージョンのVMware Cloud Foundationなどへ移行できるVMwareのサービス。

サービスイメージ
サービスイメージ

 同社は、「VMware Cloud Foundation」を採用した「ECL」を利用することで、オンプレミス環境上のVMwareワークロードを、既存のセキュリティポリシーや運用設計を変更することなく、専有型クラウドへ拡張できると説明。これにより、オンプレミス環境とクラウドを意識しない統合管理を行うことが可能となる。

 また、ユーザーの拠点やデータセンターなどのオンプレミス環境と専有型クラウドを、NTT Com企業向けVPNサービス「Arcstar Universal One」で接続することにより、基幹システムに求められるセキュリティ要件を満たしたハイブリッドクラウド環境を構築することができるとしている。

 さらに、ECL上で「VMware Hybrid Cloud Extension」を利用することで、オンプレミス環境からゼロダウンタイムでのアプリケーションのクラウド移行や、オンプレミス環境で運用中の「vSphere」の最新バージョンへのアップデートが可能になる。これにより、クラウド移行時の構築稼働や作業リスクの負担を大幅に軽減できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]