チャットだけではもったいない--Slackを使ったコラボレーションの便利技 - 15/28

Elyse Betters-Picaro (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎 村上雅章 野崎裕子

2018-09-05 06:30

文字の書式で遊ぶ
 Slackでは、太字や斜体文字、取り消し線などを使うこともできる。

 Slackは簡単なテキストの書式に対応しており、メッセージを装飾することが可能だ。(前後に半角スペースを入れたうえで)文字列を*アスタリスク*で囲めば太字になるし、_アンダースコア_で囲めば斜体になり、~チルダ~で囲めば取り消し線が表示される。

 もちろんそれで終わりではない。文頭に「>」を入れれば、そのテキストは引用文の書式で表示される。また、「>」を3つ繋げて使えば(「>>>」)、複数のパラグラフから構成されるメッセージ全体が引用文になる。さらに、テキストをバッククオート(「`」)で囲えば、囲いに入った赤文字のインラインコードとして、そのテキストを強調できるし、バッククオートを3つ繋げて使えば(「```」)、ブロック全体をコード引用できる。

 メッセージの中に箇条書きのリストを入れることも可能だ。WindowsではCtrl+Shift+8、Macではcommand+Shift+8を押せば箇条書きの記号(「・」)を挿入でき、Shift+Enterで新しい箇条書きの行に移ることができる。

文字の書式で遊ぶ
 Slackでは、太字や斜体文字、取り消し線などを使うこともできる

 Slackは簡単なテキストの書式に対応しており、メッセージを装飾することが可能だ。(前後に半角スペースを入れたうえで)文字列を*アスタリスク*で囲めば太字になるし、_アンダースコア_で囲めば斜体になり、~チルダ~で囲めば取り消し線が表示される。

 もちろんそれで終わりではない。文頭に「>」を入れれば、そのテキストは引用文の書式で表示される。また、「>」を3つ繋げて使えば(「>>>」)、複数のパラグラフから構成されるメッセージ全体が引用文になる。さらに、テキストをバッククオート(「`」)で囲えば、囲いに入った赤文字のインラインコードとして、そのテキストを強調できるし、バッククオートを3つ繋げて使えば(「```」)、ブロック全体をコード引用できる。

 メッセージの中に箇条書きのリストを入れることも可能だ。WindowsではCtrl+Shift+8、Macではcommand+Shift+8を押せば箇条書きの記号(「・」)を挿入でき、Shift+Enterで新しい箇条書きの行に移ることができる。

提供:Élyse Betters/ZDNet

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]