編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
米ZDNet編集長Larryの独り言

セールスフォースが示した2022年までの基本計画--注目したい主な数字

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-02 10:59

 Salesforceが2022会計年度の年間売上高について、210億~230億ドルと予想した。同社は中核的製品へのアドオンの販売を拡大しており、同社の複数のクラウドを利用する顧客からの売上高の割合を増やしている。

 「Dreamforce」で、Salesforceは「Customer 360」イニシアチブやそのほかの製品の概要を説明した。MicrosoftとSalesforceは顧客データの単一ビューの提供で競争を繰り広げている。

 Salesforceのプレジデント兼最高財務責任者(CFO)Mark Hawkins氏によると、同社は現在、長期的なビジョンの「実行モード」に入っているという。そのビジョンの中心にあるのはマルチクラウド顧客だ。Hawkins氏は次のように述べた。

 マルチクラウドは当社が持つ極めてユニークな機能と利点であり、本当に注目すべき利点である。このようなデータはこれまでなかっただろう。このデータは全ての有料顧客と関係がある。当社の有料顧客数は15万人以上であり、その38%がマルチクラウドを使用している。これは非常に励みになる情報だ。62%はそうではないからだ。これが特に励みになるのは、ユーザーがマルチクラウドに移行すると、支出が10倍多くなるからだ。これにより、今後何年にもわたって継続的な成長が可能になるだろう。

 同社が発表した数字を見てみよう。

210億~230億ドル:2022会計年度の売上高目標

131億7000万ドル:2019会計年度の予測

20%:予測される2019~2022会計年度の年間平均成長率

1400億ドル:Salesforceの製品セグメントに基づく実現可能な最大の市場規模(TAM)

34%:2019会計年度第2四半期の売上高に「Sales Cloud」が占める割合(「Service Cloud」は30%)

30%~800%:中核的製品向けアドオンの第2四半期売上高の年間成長率

38%:複数のSalesforceクラウドを使用している顧客の割合

92%:マルチクラウド顧客からの売上高の割合

40:2019会計年度に年間2000万ドル以上をSalesforceに支払う顧客数

3万3000:Salesforceの従業員数

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]