編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、Windows IoT関連の新サービス披露--「Windows Server IoT 2019」など

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-02-27 11:45

 Microsoftは米国時間2月26日、「Windows Server IoT 2019」のリリースを発表した。

 Windows Server IoT 2019は「Windows Server 2019」との「バイナリ互換性」を有した製品であり、「Windows Server」環境での開発に慣れ親しんでいる開発者への支援を念頭に置いて設計されている。

 Windows Server 2019のIoT向け版とも言うべきこの新OSは、小売りやヘルスケア、製造といった業界の製品を開発する企業やOEM企業に向けた製品となっている。同OSでは、5年間のメインストリームサポートと5年間の延長サポートが設定されており、より長期のWindowsサポートを必要とする機器に適したライセンスモデルが採用されている。

 Windows Server IoT 2019によって、サーバクラスのデバイスで大規模なエッジのワークロードをセキュアに処理できるようになる。MicrosoftはWindows Server 2019の使用に関して、膨大な数のセンサからのデータをほぼリアルタイムでAzureに反映して、分析したりやインサイトを得たりするようなハイエンドのゲートウェイやネットワーク接続ビデオレコーダーを構築する企業を想定している。

 またMicrosoftは、「Windows 10 IoT」の新機能について、開発者の作業を容易にするものだとして、Windows IoT向けの「Robot Operating System」などに関して説明している。同社は2018年に、「Robot Operating System [ROS1] for Windows」の試験リリースを発表した。このOSを利用することで開発者は、「Visual Studio」や、AzureのAIやIoTサービスをロボットアプリケーションの開発に利用できるようにするとされていた。

 この2018年の発表時まで、同社は産業用ロボットに対するアプローチについて多くを語っていなかった。しかし現在では、産業用ロボットはオンライン通販商品の配送倉庫などで稼働し、製造や運輸、ヘルスケアといった分野でも不可欠なものとなりつつある。

 Microsoftは今回、開発者はWindowsに「商用レベルの」ロボット向けプラットフォーム(ROS)アプリを配備できるようになり、ネットワークのエッジに展開されている機器に、「Azure Cognitive Services」などを利用するよりスマートな機能を搭載できるようになっていると述べている。

 また同社は、オランダのチップメーカーであるNXP Semiconductorsの「i.MX 8M」および「i.MX 8M Mini」プロセッサ上で稼働する、Azureサービスをバンドルした「Windows 10 IoT Core」のパブリックプレビューを発表し、Microsoftのクラウドに関してLinuxユーザーにも選択肢を提供している。

 Microsoftは「アプリケーションプロセッサのi.MX 8Mファミリによって、インテリジェントエッジ向けの電力消費を最適化したセキュアな機器が実現できるようになるとともに、開発者はLinuxか『Windows IoT』かという選択肢を手にすることになる」と述べた

 「Windows 10 IoT Enterprise」は、Qualcommの「Snapdragon」による「always-on, always-connected」(常時待機/常時接続)型のIoT機器に対するサポートも可能にする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]