山谷剛史の「中国ビジネス四方山話」

迷惑営業電話の「矛と盾」--磨かれる音声認識AI

山谷剛史 2019年05月15日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 中国で音声系AI(人工知能)といえば、まず「科大訊飛(iFlyTek)」が有名であり覚えておきたいが、他にも筆者も把握しきれないほどの無数の音声系AIスタートアップ企業がある。その中で悩ましくも面白い迷惑電話系のAIを紹介していきたい。

 中国では世界消費者権利デーの3月15日に、中国中央電視台(CCTV)が消費者の権利を侵害しているという企業などを名指しで取り上げるのだが、2019年はスマート営業電話システム(スマート迷惑電話システムともいえる)がトピックの一つとなった。CCTVの報道によれば、迷惑電話は既に人間によるものから自動音声に変わっていて、システムから自動で次々に電話をかけるだけでなく、自動音声応答も本当の人と区別がつかないほどのクオリティーとなっているという。

 番組ではスマート営業電話を開発した中科智聯科技、易龍芯科人工智能、智子信息科技などの企業が名指しを受けた。番組の取材に対し、中科智聯科技は「中国全土の6億人の個人情報を保持している」と語り、易龍芯科人工智能は「中国西北地方(シルクロードエリア)のAI営業電話のリーダーシップ企業」と称し、「このシステムにより1年間に40億回を超える電話をかけた」と語っている。電話邦の調査によれば、年間迷惑電話件数では2017年の3億2000万回から2018年には2億1000万回まで減少しているという。40億が正しいのか、2億や3億が正しいのか不明だが、回数だけで見れば2017年よりもマシになってきている。

 世界権利者デーでCCTVに指摘されれば動くしかなく、中国移動(China Mobile)、中国聯通(China Unicom)、中国電信(China Telecom)の3大キャリアはブラックリストの強化や迷惑電話対策集中センター設置などの迷惑電話対策を強化した。

 中国セキュリティー大手の360が発表したレポート「2018年中国手机安全状況報告」によれば、迷惑電話の数は2018年で総計約450億回受発信しているとしている。1日平均でいえば1億2000万回を数える。これらの数字も他の統計と異なるので眉唾ものだが、この数を基準に考えれば、人口も多いがそれでも10人に1人に1日1回は迷惑電話がかかっている計算になる。かくいう筆者も中国にいる際は迷惑電話を受けることは日常的で驚かない。

 ところで外国人の筆者がなぜ迷惑電話と分かるのか、という疑問を持つ人もいるだろう。キャリアやセキュリティー企業や端末メーカーらが、迷惑電話防止システムを用意しているため、営業の迷惑電話がかかってきた場合、だいたいスマートフォン上に迷惑電話と表示されるので分かるのだ。もっとも、以前も営業電話に応答すると、早口でまくしたてるやる気のない営業マンやあからさまな録音された音声の再生が始まるので、IT化が進んでないときでも迷惑営業電話は分かるには分かったのだが。

 そうした迷惑電話のフィルタリングを越えてかかってくる、自然な対応になる昨今の音声AIの営業対応については、「AI攻撃にはAIの盾を」といわんばかりのソリューションがある。「十牛科技」という企業の「ii電話秘書」がそうだ。ii電話秘書を利用すると、まずはかかってきた電話番号がブラックリストに入っているかをチェックし、入っていない場合は自動応答音声のAIが電話を受ける。話し手の内容から迷惑営業電話かどうかを判断し、アプリに話した内容を文字起こしして送信してくれるというものだ。

 音声AIによる営業電話があれば、受ける電話も音声AIが対応する。人同士はやりとりせず、音声AI同士が会話をするという状況が中国では既にできている。

山谷剛史(やまや・たけし)
フリーランスライター
2002年から中国雲南省昆明市を拠点に活動。中国、インド、ASEANのITや消費トレンドをIT系メディア、経済系メディア、トレンド誌などに執筆。メディア出演、講演も行う。著書に『日本人が知らない中国ネットトレンド2014』『新しい中国人 ネットで団結する若者たち』など。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]