編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

「Windows 10」プレビュー版「Build 18917」、OSとシェルの分離に向けて静かに進行中?

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-06-17 10:09

 Microsoftが「Windows Insider」プログラムのファーストリング向けに最近公開したWindows 10 20H1ブランチの「Build 18917」には、「Windows」の将来が垣間見えるコンポーネントが潜んでいるという。そのなかには、「Action Center」(アクションセンター)など、「Windows Shell」のユーザーインターフェース(UI)部分をWindowsの他の部分から切り離し、シェルパッケージとしてアップデートできるようにするというものも含まれている。

 AlbacoreというTwitterハンドルを用いるある開発者のツイートによると、Build 18917には「Shell Update Agent」と呼ばれる、「シェルをオンデマンドで入手、あるいはアップデートする機能」を有した新たなコンポーネントが搭載されているという。

 このことは、ほとんどの一般的な「Windows 10」ユーザーにとって、現時点では意味を持たないかもしれない。しかしWindowsウォッチャーらにとっては、Windowsがモジュール化され、さまざまなフォームファクターのデバイスを対象とした多様なシェルを呼び出せるようになるという「Windows Core OS」に向けた、同社のいまだ公開されていない計画が垣間見える興味深いものとなっている。

 Albacoreは、Shell Update Agentが「Package Family Names」(パッケージファミリー名)を参照している点を根拠に、これは「まさしくシェルがパッケージ化されたコンポーネントに分割される」ことを示唆していると説明している。

 このようなシェルパッケージは、内部や外部のソースから入手できる。これにより、入手したパッケージに基づいて、「Start Menu」(スタートメニュー)やAction Center、「Taskbar」(タスクバー)といったシェルのコンポーネントを選択的に構築できるようになると考えられる。

 Albacoreは、Shell Update AgentのStartInternalPackageAcquisitionを呼び出すことで、「Microsoftストア」から「UX.Client.ST」と呼ばれるユーザーエクスペリエンス(UX)パッケージが「魔法のように」インストールされたと述べている。ただ現在のところ、このユーティリティーは単なるプレースホルダーでしかない。

 Albacoreは、今回のビルドに搭載されているAction Centerによって、シェルパッケージの取得を可能にする機能が実装される初めての兆候を確認できたと述べている。

 さらにAlbacoreは、シェル関連のもう1つの変更として、設定の同期機能が新たな実装で置き換えられつつあることもツイートしている。

 「新たなものは、より高度な同期機能とともに、『File Explorer』の設定のような、以前からある『レガシーオプション』をサポートするようになるはずだ」という。

 Microsoftがこの道筋をたどるとすると、これらの変更はWindows 10の20H1アップデートの配信予定時期でもある2020年3月~5月に提供される可能性が高い。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]