編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

グーグル、「BigQuery」と「Kaggle」を統合

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-06-25 09:52

 Googleは米国時間6月24日、エンタープライズ向けデータウェアハウスの「BigQuery」に「Kaggle」を統合したとGoogle Cloudブログ上で発表した。Kaggleは、データ科学者らが使用する「Jupyter」ノートブックを手がける企業であり、2017年3月にGoogleによって買収されている。

 この統合によって、BigQueryの顧客は高速なSQLクエリと、SQLによる機械学習(ML)モデルの訓練、KaggleのJupyterノートブック環境「Kaggle Kernels」を用いた分析が可能になる。

エンタープライズ向けデータウェアハウスの「BigQuery」に「Kaggle」を統合

 BigQueryとKaggleの統合によって以下の利点がもたらされる。

  • ビッグデータに対するクエリや分析を1カ所から実行するための統合開発環境であるKaggle Kernelsへのアクセスや利用が可能になる。
  • Google Cloudと、Kaggle Kernelsのノートブックやスクリプトが「BigQuery APIクライアントライブラリ」経由でリンクできるようになる。
  • Kaggleの持つ共有プラットフォーム機能が利用可能になる。
  • 300万ユーザーを超えるKaggleコミュニティーにアクセスすることで、データ科学およびオープンソースの成果を共有できる。

 Google Cloudの顧客は、BigQueryのサンドボックス内でアカウントを有効化した後、Kaggleアカウントのサインアップを行い、ノートブックまたはスクリプトをオプション指定することでこれら機能を利用できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]