NTT Com、インフォマティカ、NTTデータが協業--データ統合サービスでDX推進

ZDNET Japan Staff

2019-10-01 13:58

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、NTTデータ、Informaticaの3社は10月1日、企業のデジタル変革(DX)を推進するデータ統合サービスで協業すると発表した。

 NTT Comはデータの利用や活用に必要な機能を一元的に提供する「Smart Data Platform」で、データ統合機能としてInformaticaのiPaaS「Informatica Intelligent Cloud Services(IICS)」を活用。「Flexible InterConnect」などの機能を組み合わせたデータ統合サービスを提供する。

 IICSは、マイクロサービスベースのアーキテクチャー上に構築され、オンプレミスやマルチクラウド、ハイブリッドクラウドの環境でさまざまなデータ、アプリケーション、プロセスを連携することができる。人工知能(AI)/機械学習の機能を備え、データ管理とデータガバナンスのプロセスを自動化・迅速化する。

 NTTデータは、ユーザー企業の利用環境に応じて、データ統合サービスを軸にした導入支援ソリューションをNTT Comと連携して提供する。

 これにより、オンプレミスシステムからSaaS、データベースなどの統合が可能となり、さまざまなアプリケーションに分散しているデータを安全に一括管理できるようになるという。

 今後、2020年1月にデータ統合サービスの提供を開始する予定で、3社共同による技術検証やマーケティング、プロモーション活動、各種セミナーを実施していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]