NTTぷらら、顧客体験を管理して映像配信サービス強化

NO BUDGET

2020-01-22 10:31

 NTTぷららは、映像配信サービスの強化にクアルトリクスのカスタマーエクスペリエンス管理製品「Qualtrics CustomerXM」を採用した。クアルトリクスが1月21日に発表した。

 NTTぷららは2008年にNTTグループの映像配信事業を統合した「ひかりTV」を開始し、コンテンツ配信サービスも手掛けている。ひかりTVは、テレビのほかにスマートフォンやタブレット、PCでも視聴でき、現在会員数が約300万人に到達している。近年は他のコンテンツサービスプロバイダーとのユーザー獲得競争が過熱している。さらに第5世代移動体通信システム(5G)が開始されると、さらなる映像配信サービスの普及とパーソナライズ化が進むことも予測される。

 NTTぷららは、顧客のニーズの多様化により、個々の顧客のサービス利用体験を把握することが難しいという課題を抱えていた。そこで、重要性が増しているエクスペリエンスを管理するため、CustomerXMを導入し、カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を管理する仕組みを構築した。

 CustomerXMは、簡単なアンケート作成、柔軟なダッシュボードなどの機能面のメリットに加え、ブランディングにつながること、また顧客にとどまらず従業員のエクスペリエンスマネジメントにも拡張可能なソリューションとして評価された。管理システムは2019年4月に試験運用を開始し、現在は映像事業で活用しているが、今後はISP事業や、eコマースなど全体的な顧客エクスペリエンス向上に活用していく予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]