「Windows Terminal」v0.10がリリース--WSLアプリでマウス入力が可能に

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-03-19 12:23

 Microsoftはコマンドラインアプリ「Windows Terminal」のv0.10をリリースした。開発者はこの新版により、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)でマウスが使えるようになった。

 Windows Terminalは、「コマンドプロンプト」「PowerShell」、WSLなどを使う開発者向けのもので、このリリースは幾つかの最終的な仕上げが行われている。新たに提供するマウス入力は、WSLで動作するアプリケーションのほか、仮想ターミナル(VT)を使用するWindowsアプリケーションに対応している。これにより、「tmux」やLinuxのファイルマネージャー「Midnight Commander」などのアプリケーションが、マウスのクリックに反応するようになった。

 また、Windows Terminalの設定がアップデートされており、ユーザーは「duplicate pane」によって、使用しているペインと同じプロファイルを持つペインを開くことができる。これは「splitPane」の「splitMode」という新しいオプションで実行でき、ユーザーは新たに「duplicate」のキー割り当てが行える。

 当初2月のリリースが、Windows Terminalの機能が確定する最後のプレビューになる予定だった。しかし、MicrosoftのKayla Cinnamon氏によれば、5月のv1.0の発表に先立ち、月次のアップデートを行う可能性がある。

 「現在v1.0のリリースに向けて、バグを修正している。Windows Terminal v1.0は5月にリリース予定で、その後は当社の月1回の出荷サイクルに合わせて、6月に次のアップデートをリリースする計画だ。新版は『Microsoftストア』やGitHubからダウンロードできる」と、Cinnamon氏は述べた。

 v0.10には、「Azure Cloud Shell」(ACS)に関する幾つかのアップデートが含まれている。例えば、ACS内でPowerShell、マウスモード、「vim」を使用できるようになった。

 ACSのユーザーインターフェースも改善されており、9より大きなテナント番号の入力が可能になったほか、ユーザーが入力したテキストはハイライト表示される。ACSは、ユーザーが「shell.azure.com」で設定したシェルもフォローする。

 さらに、タッチスクリーンとタッチパッドによる入力で、不安定なスクロールの原因となっていたバグを修正した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]