編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Slack、「Microsoft Teams Calls」アプリのベータ版をリリース

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-04-02 11:50

 Slackの最高経営責任者(CEO)Stewart Butterfield氏は米国時間3月26日、「Microsoft Teams」の通話機能と連携する手段を提供するつもりだと述べていた。同社は4月1日、Slack向けの「Microsoft Teams Calls」アプリのベータ版をリリースした。

Slack
提供:Slack

 Slackは、Microsoft Teamsだけでなく、他社のVoIP電話との統合も発表した。「Zoom」「Cisco Jabber」「RingCentral」「Dialpad」の通話サービスがSlackと統合される。Slackによると、これによりSlackから電話番号に直接発信できるようになるという。

 Butterfield氏は先週、SlackがTeamsの通話やチャット機能とどのように連携するのか、またその時期について明らかにしていなかった。その後、SlackとMicrosoftの広報担当者は筆者に対し、一般公開されている「Microsoft 365/Office 365」のプログラミングインターフェースを通じて統合を実現すると述べた。

 Slackは既に「Outlook」「OneDrive」「SharePoint」など複数の「Microsoft Office」サービスと統合されている。Microsoft Teams Callsのベータ版は、Slackのサイトから入手できる。

 Microsoftは最近、Teamsのデイリーアクティブユーザー数(DAU)が4400万人に達したことを明らかにした。Slackは2019年10月に1200万DAUを達成したと発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]