編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Microsoft 365サービスが「IE 11」サポートを2021年8月終了--旧「Edge」予定も明らかに

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-08-18 13:50

 Microsoftは現在、「Internet Explorer」(IE 11)、「Microsoft Edge」の旧版(Microsoft Edge Legacy)と新版をサポートしている。2021年8月中頃までに、3つのブラウザーのうち2つのサポートを段階的にフェーズアウトする計画だ。

 Microsoftは米国時間8月17日、IE 11と旧版Edgeのサポート終了スケジュールをブログ記事で明らかにした。

 2020年11月30日以降、「Microsoft Teams」ウェブアプリはIE 11をサポートしなくなる。「Microsoft 365」の残りのすべてのアプリとサービスも、2021年8月17日にIE 11のサポートを終了する。

 2021年3月9日以降、旧版Edgeのデスクトップアプリは新しいセキュリティアップデートを受けられなくなる。同社は、旧版Edgeのデスクトップアプリのサポートを同日終了するとしている。

 Microsoftは、これらの期日以降、「ユーザーは利用体験が低下するか、IE 11でMicrosoft 365のアプリやサービスに接続できなくなる」とブログで述べている。しかし、IE 11は「Windowsオペレーティングシステムの構成要素」であるため、「なくなるわけではない」としている。サポートが終了するのは、IE 11がインストールされているWindowsのサポートが終了する時点となりそうだ。Microsoftは、その時まで「ユーザー自身のIE 11向けレガシーアプリや投資は引き続き機能する」としている。しかし、2021年8月以降、IE 11からMicrosoft 365のアプリやサービスにアクセスできなくなると説明している。

 同社は2020年6月より、「Windows 10 1803」以降のユーザーに「Windows Update」を通じて、「Chromium」ベースの新版Edgeの配信を開始した。Microsoftによると、この秋にリリースが予定されている「Windows 10 20H2」より、ChromiumベースのEdgeをWindows 10に同梱する。新版EdgeはInternet Explorerモードを介して、IE 11をサポートするという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]