デル、バックアップのクラウドサービス--クラウドアプリや端末のデータを保護 - (page 2)

阿久津良和

2021-04-28 06:45

 PowerProtect Backup Serviceは、バックアップ/リストアの提供で頭角を現しつつあるDruvaの技術を基盤に、クラウドアプリケーション、エンドポイント、エッジを含むハイブリッドクラウドのデータを保護するPowerProtectファミリーの最新版になる。

PowerProtect Backup Serviceの特長 PowerProtect Backup Serviceの特長
※クリックすると拡大画像が見られます

 芳澤氏は「われわれの調査によれば、(バックアップ/リストアは)一般的に拡張性や迅速な展開、低コスト化を重視しがちだが、直近は確実なデータ保護が選定ポイントの1つとなる。また、テレワーク増でデータのバックアップ/リストアを重視する需要が拡大している」ことから、PowerProtect Backup Serviceの展開に至ったとしている。

 同じPowerProtectファミリーながらも、「バックアップデータは(Amazon Web Services=AWSに構築した)Druvaのデータ基盤を使用する。(バックアップ作業を管理する)PowerProtect Data Managerも今後連携を図る」(芳澤氏)

PowerProtect Backup Serviceのメニュー PowerProtect Backup Serviceのメニュー
※クリックすると拡大画像が見られます

 先頃発表された最新版のPowerProtect Data Manager 19.7では、新たにGoogle Cloud Platform(GCP)をサポートし、AWSやMicrosoft Azure、VMwareと主要パブリッククラウドに対応。また、PowerProtect Cloud Snapshot Managerで管理するスナップショットデータをクラウド版PowerProtect DDVEに格納することでクラウドストレージのコストを低減させた。

 用途についてデル・テクノロジーズは、「在宅勤務/リモートワークを含めたエンドポイント保護やマルチクラウドの小規模なエッジ環境」(芳澤氏)を想定し、あわせてコンプライアンスやセキュリティを支援する「eDiscovery」も提供する。

Druva カントリーマネージャー 松澤正芳氏
Druva カントリーマネージャー 松澤正芳氏

 今回、技術を提供したDruva カントリーマネージャー 松澤正芳氏は「クラウドの有用性に対する認識が広まっている。以前は顧客から『クラウドにバックアップが必要なのか』と問われることも少なくなかったが、最近は責任共有モデルが浸透し、クラウドバックアップの重要性につながりつつある」と自社製品を強調。Druvaはクラウドアプリケーションのデータを保護する「Druva Cloud Platform」などを提供し、国内でも着々と顧客が増加中であると説明した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]