編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

IonQの量子コンピューティングシステム、「Google Cloud」で利用可能に

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-06-18 10:59

 IonQは米国時間6月17日、同社の高精度11キュービットシステムが「Google Cloud」上で利用可能になったと発表した。また、Googleのオープンソース量子コンピューティングフレームワーク「Cirq」によるサポートも提供されるという。

 さらにIonQは、同社の次世代32キュービットシステムを2021年中にGoogle Cloud上で利用可能にすると述べた。IonQはGoogle Cloudのマーケットプレイスで量子コンピューターを提供する初のサードパーティー企業となる。

 Google CloudがIonQの量子システムを提供することで、IonQのシステムはハイパースケールクラウドプロバイダーの3社全てで利用可能になる。特別買収目的会社(SPAC)を介した上場を目指しているIonQは既に、「Amazon Web Services」(AWS)と「Microsoft Azure」上で量子システムを提供している。

 IonQの最高経営責任者(CEO)Peter Chapman氏は、Google Cloud上で利用可能になることで、より多くの開発者とリサーチャーに対して量子コンピューティングの門戸が開かれると述べた。

 Google Cloudを使用している顧客は、CirqやIBMの「Qiskit」「Penny Lane」「tket」を含む数多くの開発者フレームワークを用いてIonQシステムをプログラミングしていけるようになる。また、IonQのAPIを通じたカスタムインテグレーションも可能となっている。IonQは今後、できる限り多くのフレームワーク上で同社のハードウェアを利用可能にしていく計画だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]