編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール
米ZDNet編集長Larryの独り言

量子コンピューティングのスタートアップIonQのCEOが考える未来

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2021-01-21 06:30

 IonQは量子コンピューティングの商用化という計画を有しており、Peter Chapman氏はその計画を実現すると期待されている同社の最高経営責任者(CEO)だ。

 米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士の息子であるChapman氏は、16歳の時にマサチューセッツ工科大学(MIT)の人工知能(AI)研究所で働き始め、IBM PC向けとして初となるサウンドカードを生み出し、米連邦航空局(FAA)のためにソフトウェアを開発し、視覚障がい者向けのツールを開発するRay Kurzweil氏の企業を率いたこともある人物だ。

 簡潔に述べると、Chapman氏はテクノロジーの先端を走ってきている。同氏は量子コンピューティングが「汎用人工知能」(AGI)を実現する鍵になると考え、2019年にIonQのCEOとなった。

 IonQは最近、ロードマップを発表するとともに、「アルゴリズミックキュービット」(AQ)という新たな性能指標を提案してニュースの見出しを飾っている。

 IonQは、その初期段階からベンチャーキャピタル企業New Enterprise Associates(NEA)の投資を受けている。NEAの投資は、同社のプリンシパルらが、IonQの共同創業者であるメリーランド大学教授のChris Monroe氏とデューク大学教授のJungsang Kim氏による科学論文に目を通したことに端を発している。Chapman氏は「通常の場合、誰かがアイデアを発案し、資金を求めて投資家を追い求める。しかし、われわれの場合はまったく逆だった」と説明し、「その論文は基本的に、量子コンピューターの開発に必要なすべての構成要素の設計図となっていた。このため彼らは『分かった。ではこれを実現してみよう』と述べ、物事が回り始めた」と述べた。

 IonQは現在、Amazon Web Services(AWS)やサムスン、Lockheed Martin、Hewlett Packard Enterprise(HPE)などからの投資を受けている。

 以下は、量子コンピューティングの未来についてChapman氏と語り合った内容の中から重要な点を抜粋したものだ。

量子コンピューティングの普及はクラウドコンピューティングによって加速される

 Chapman氏によると、開発者はクラウドインスタンス上に量子システムを配備する能力に引きつけられるという。同氏は次のように述べた。

 クラウドはわれわれに2つの物事をもたらしてくれた。1つ目は、クレジットカードで10ドル(約1040円)を支払うだけで、AWSや「Microsoft Azure」のアカウントを開設し、IonQのコンピューターの1つを実際に使って量子プログラムの実行を始められるようになる。このため、将来的にアプリケーションが構築されていく中で、コンピュータービジネスのように大企業での量子コンピューティングの応用や、小規模企業で量子版スプレッドシートのようなものを生み出していくことが可能になる。このため、われわれは幅広い開発者オーディエンスにリーチしたいと考えたのだ。

 またChapman氏は2つ目の物事として、IonQがクラウドのおかげで稼働時間にフォーカスするようになった点を挙げた。なおIonQは、同社のシステムをオンライン化し、使用可能時間を高めるために約14カ月を要したという。

IonQ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]