編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Google Cloud、インテル「Ice Lake」対応のN2仮想マシンを提供へ

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-10-01 11:21

 Googleは米国時間9月30日、第3世代「Intel Xeon Scalable」プロセッサー(開発コード名「Ice Lake」)に対応した仮想マシン(VM)「Google Compute Engine N2」をまもなく提供すると発表した。Xeon Scalable(Ice Lake)は、10nmプロセスを採用して製造されているIntelのサーバー向けプロセッサーだ。

Google
提供:Google

 Googleは、同日すぐに提供を開始するわけではないものの、Amazon、Microsoft、Oracleなどに続いて、Intelの最新世代Xeon Scalableチップをクラウドに搭載することになる。

 Amazon Web Services(AWS)は8月に、Ice Lakeを搭載したインスタンスの一般提供を発表した。またMicrosoftも、Intelが4月にこの新しいデータセンター向けプロセッサーを発表した直後に、対応する「Azure Virtual Machines」のプレビュー提供を発表している。OracleもIntelの発表と合わせて、価格や提供時期について明らかにした

 Intelはその時、「クラウドサービスプロバイダー大手はすべて」、2021年にIce Lakeを搭載したクラウドサービスを提供する計画だと述べていた。AWSとMicrosoft Azureに次いで、3位を占めるGoogle Cloudが今回、第3世代Xeon Scalableプロセッサーを搭載する意向を正式に表明した。

 Ice Lakeを搭載した新しいN2は、Intelの第2世代Xeon Scalable(「Cascade Lake」)プロセッサーを搭載した現行のN2と同価格となる。Googleによると、旧世代のものは、既存のN2確約利用割引を使うことで、割引が適用されるという。

 Google Cloudは新たに、128基の仮想CPU(vCPU)と864GBのメモリーを搭載した汎用N2 VMを提供する。現在の汎用N2 VMは、最大80基の仮想vCPUを搭載している。

 AWSは、「m6i.32xlarge」というIce Lake搭載インスタンスを用意している。128基のvCPUと512GiBのメモリーを搭載する。M6iインスタンスはほかにも、vCPUを2、4、8、16、32、48、64、96基搭載したものを選択できる。Microsoftの、Ice Lakeを搭載した汎用VMの「Dv5」シリーズは、最大96基のvCPUと384GBのメモリーを装備する。

 Googleは、第1世代の汎用N1 VMからのアップグレードパスとして、N2カスタムマシンに搭載可能なvCPUを96基に引き上げるとしている。

 同社はブログ記事で、Ice Lake Xeon Scalableプロセッサーは、「内蔵アクセラレーション、高度なセキュリティ機能、より大きなミッドレベルとラストレベルキャッシュを提供し、それらをより高いメモリー帯域幅を組み合わせることで、性能を大幅に向上できる」としている。

 Intelは、Ice Lakeプロセッサーの重要な差別化要因として、「Software Guard Extensions(SGX)」を挙げている。これは、エンクレーブと呼ばれるメモリーのプライベート領域で、データの機密性と完全性を保護する役割を果たす。

 Ice Lake搭載N2 VMは、一部の主要リージョンで年内に提供される見通しだ。

 Googleは、「2021年第4四半期の早い時期にプレビュー版」を、「us-central1」「europe-west4」「asia-southeast1」リージョンで提供すると述べている。その他のリージョンでも、「今後数カ月間に」利用可能になるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]