編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IBMから分社化したキンドリル、マイクロソフトと戦略的パートナーシップ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-11-15 11:16

 IBMから分社化したマネージドインフラサービス大手KyndrylとMicrosoftがグローバルな戦略的パートナーシップを発表した。Microsoftのクラウドを活用し、デジタルトランスフォーメーションプロジェクトを推進していくという。

 Kyndrylは米国時間11月4日、独立した公開企業としてニューヨーク証券取引所に上場している。

 Kyndrylの最高経営責任者(CEO)Martin Schroeter氏は、独立した企業として、同社はパートナーエコシステムに投資していると述べた。「Kyndrylは、ミッションクリティカルなITシステムに関するわれわれの深い専門性を、『Microsoft Cloud』の利点とうまく組み合わせ、当社のグローバルな顧客が前進する上で中核を担おうとしている」(Schroeter氏)

 MicrosoftのCEOであるSatya Nadella氏は、Kyndrylとパートナーシップを組み、ミッションクリティカルなITシステムの専門知識と理解、世界中の企業との深い関わりをベースに、両社の顧客にサービスを提供していきたいと述べている。

 今回の提携の下で、両社はクラウド移行やデジタルトランスフォーメーションプロジェクトに取り組む。

 主な詳細は以下の通りだ。

  • MicrosoftはKyndrylの唯一の「プレミアグローバルアライアンスパートナー」となる。
  • 両社の開発者は、顧客向けにMicrosoft Cloudでアプリケーションを構築する。
  • ハイブリッドクラウド導入の加速、アプリケーションとプロセスのモダナイズ、ミッションクリティカルなワークロードのサポートなどを実現する最先端のソリューションをMicrosoft Cloudで提供する。また、データのモダナイゼーションとガバナンス、業界向けの人工知能(AI)によるイノベーション、サイバーセキュリティとレジリエンシー、ミッションクリティカルなワークロードのクラウドへの転換などの分野でソリューションを提供する。
  • 協働イノベーションラボを設立する。そこで開発された製品は、「Microsoft AppSource」や「Azure Marketplace」で提供される。
  • Microsoftは、Kyndrylの9万人におよぶ従業員向けのトレーニングプログラム「Kyndryl University for Microsoft」を立ち上げる。

 Microsoftとの提携で、Kyndrylの新たな収益源が生み出される可能性が高い。Microsoftはこれまでにも、「IBM Cloud」の顧客にサービスを提供してきた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]