編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

マイクロソフト、対話型AIや音声認識技術のニュアンス買収を完了

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-03-07 10:25

 Microsoftは米国時間3月4日、Nuance Communicationsの買収が完了したと発表した。Nuanceは音声認識や対話型の人工知能(AI)、関連するソフトウェアやサービスなどを専門とする企業だ。Microsoftは2021年4月に197億ドル(約2兆1600億円)でNuanceを買収する計画を明らかにした

Microsoft
提供:Microsoft

 Microsoftにとって、Activision Blizzard(687億ドル: 約7兆8000億円)LinkedIn(262億ドル)に次ぐ3番目に大規模な買収だ。

 Nuanceはヘルスケア分野の事業で最もよく知られているが、金融サービスや小売、通信など、Microsoftがターゲットとする重要な業界でも存在感を示している。Microsoftは、Nuanceのテクノロジーを利用し、「業界に最適化されたAI」ソリューションを構築していく計画だ。

 Microsoftは4日のプレスリリースで、「顧客は、強化された消費者、患者、臨床医、従業員のエクスペリエンス、そして最終的に生産性と財務パフォーマンスの向上からメリットを得られる」としている。

 Nuanceの最高経営責任者(CEO)Mark Benjamin氏は同職にとどまり、Microsoftのクラウド+AIグループ担当エグゼクティブバイスプレジデントScott Guthrie氏の直属となる。

 また、Microsoftは同日、NuanceのコンタクトセンターソリューションとMicrosoftの「Dynamics 365 Customer Service」を組み合わせ、AIを備えたセキュアなコンタクトセンターを構築するビジョンについても明らかにしている

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]