編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

SMBCグループ、マイクロソフトと戦略的提携--DXを加速

NO BUDGET

2022-03-10 13:14

 三井住友フィナンシャルグループ (SMBCグループ)とマイクロソフト コーポレーション(マイクロソフト)は、複数年にわたるクラウド分野の戦略的提携を締結した。

 SMBCグループは、マイクロソフトを戦略的クラウドサービスプロバイダーとして選択し、提携した日本初の大手金融機関となる。

 同グループは、金融サービスにとどまらない総合的ソリューションプロバイダーを目指しており、今回の提携の一環としてアジア太平洋地域におけるデジタル取引とサプライチェーンファイナンス分野のイノベーションを推進する。

 エンベデッドファイナンス(組み込み型金融)の分野では、「Microsoft Azure」を利用してデジタルを活用した貿易実務とサプライチェーンファイナンスでの変革を推進し、これらのサービスをアジア地域で展開してその後全世界で展開する計画だ。

 同グループは、マルチクラウド戦略とハイブリッドクラウド戦略を進める中で、Microsoft Azureを優先的クラウドプラットフォームとして選択している。今後「Azure Virtual Desktop」「Azure Batch」「Azure Kubernetes Services」などのサービスを活用して、自社のIT環境・ワークロードのモダナイズとAzureへの移行を進める。また、これまでも活用してきた「Microsoft 365」と「Microsoft Teams」による、全従業員に向けた多様な働き方や組織横断的なコラボレーションを支援する環境を今後も提供する。

 今回のパートナーシップでは、SMBCグループの従業員のデジタルスキル向上にも取り組む。マイクロソフトは自社の全社的なスキル向上の取り組みを活用して、SMBCグループのクラウドとセキュリティ関連のトレーニングを迅速に拡大し、高度なデジタルトランスフォーメーションの実践的なトレーニングを提供する。

 さらに日本マイクロソフトは、SMBCグループの情報システム関連の国内外各社に勤める最高技術責任者(CTO)クラスが参加する「テクノロジーアドバイザリー会議」に参画しており、今後も知見やベストプラクティスの共有を通じてSMBCグループを支援する。

 長期的には、両社はMicrosoft Azure を活用したグリーンファイナンスやサステナブルファイナンスのソリューション支援で協力し、脱炭素化関連にも取り組む計画だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]