CTC、データ活用基盤の構築支援サービス「D-Native」を提供

藤本和彦 (編集部)

2022-05-17 14:03

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は5月17日、データ活用基盤の構築支援サービス「D-Native」の提供を開始した。価格は2000万円から。3年間で60億円の売り上げを目指す。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に当たり、ビジネスで得られるデータを活用・分析して経営に生かす「データドリブン経営」が重要になっている。しかし、さまざまなシステムにデータが分散しているケースが多く、またそれぞれの形式で保存されているため、データの整理や統合などが課題となっている。

 D-Nativeは、データ活用に必要な「収集・整備」、「加工・分析・AI開発」、「蓄積・処理」、「運用・監視」というフェーズに対応したクラウドネイティブなサービスをパッケージ化したものになる。Informatica、Databricks、Snowflake、Datadogなどの各社製品でサービスが構成される。ビジネス面の課題整理につながる機械学習やデータ分析のベストプラクティスをテンプレート化しており、導入にかかる期間を最大で4割削減できるとしている。

 CTCは、データウェアハウス(DWH)やビジネスインテリジェンス(BI)などのデータ活用分野で、システムの構築や運用を含めたサービスを提供してきた。そこで蓄積したノウハウをベースに利用するデータの選定やシステムの設計から、導入後の継続的な改善までの支援サービスをワンストップで提供するという。

D-Nativeのサービス構成(出典:CTC)
D-Nativeのサービス構成(出典:CTC)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]