ルタオ、公式ECにチャット機能搭載--ロイヤルカスタマーのCVRが最大約5割に

大場みのり (編集部)

2023-12-08 12:01

 北海道千歳市に拠点を置くケイシイシイは、同社のスイーツブランド「小樽洋菓子舗ルタオ」(ルタオ)の公式ECサイトにビジネスメッセンジャー「チャネルトーク」を導入した。提供元のChannel Corporationが12月7日に発表した。同ツールの導入により、ロイヤルカスタマーのコンバージョン率(CVR)は最大約50%に向上した。

 ルタオは、パティシエがこだわりぬいて作るスイーツで多くの消費者の支持を集めている。特にECではリピーターやロイヤルカスタマーが多いことから、顧客一人一人のさらなるロイヤリティー向上とECでの購買体験改善に向け、チャネルトークを導入してチャット接客を開始した。

 チャネルトークでは、過去の問い合わせや顧客情報を確認できるため、新規顧客とロイヤルカスタマーを瞬時に判別して接客できる。インターファクトリーが提供するECプラットフォーム「ebisumart(エビスマート)」と双方の会員情報を連携し、購入履歴や会員情報を把握することで、スピーディーかつ個別最適化された接客を実現しているという(図1)。

図1:顧客情報を確認しながらシームレスな対応が可能
図1:顧客情報を確認しながらシームレスな対応が可能
※クリックすると拡大画像が見られます

 チャネルトークの導入前、ルタオではECからの問い合わせにメールで対応していた。購入前の問い合わせは、導入前には全体の約10%しか占めていなかったが、導入後には約50%にまで増加した。メールマガジンをあまり読まない顧客に対しても、EC上のポップアップを通して情報を届けられるようになり、タッチポイントの増加や購買の促進につながっているという。

図2:ポップアップの例 図2:ポップアップの例
※クリックすると拡大画像が見られます

 CVRは、ロイヤルカスタマーでは最大約50%、一般の顧客では最大約30%に向上した。加えて、チャット接客を活用していなかった場合と比べて客単価は1.5倍となった。

 ルタオでは電話対応において、ロイヤルカスタマーに特別な声がけを意識していることから、チャットボットでもロイヤルカスタマーの名字で呼びかけるように設計している(図3)。ロイヤルカスタマー向けのキャンペーンをポップアップで配信した際は、2日間で閲覧率が54.4%、クリック率が48.6%、CVRが47.2%を記録した。

 ルタオでは今後、チャットに限らず電話やメールの問い合わせもチャネルトーク上で管理し、顧客対応全体の質向上を目指すとしている。

図3:ロイヤルカスタマー/一般顧客向けの文言 図3:ロイヤルカスタマー/一般顧客向けの文言
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]