CTC、エッジAIソリューションの開発でLiquid AIと協業--線虫からヒントを得たAIモデル活用

藤本和彦 (編集部)

2024-02-22 07:00

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2月21日、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)発のスタートアップ、Liquid AIとエッジAIソリューションの開発に向けた協業を開始したと発表した。Liquid AIの機械学習技術を活用し、大規模なデータをリアルタイムにエッジで処理するAIソリューションの開発を進める。

 Liquid AIは、2023年に米国マサチューセッツ州ブルックラインで創業し、「Liquid Neural Network(LNN)」と呼ばれる機械学習技術を中核としたAIソリューションを提供する。CTCは、海外のスタートアップとパートナーシップを構築し、ビジネスの競争につなげる取り組み「NAPP(North America Partnership Program)」を2023年4月から始めており、今回の協業はその一環となる。

伊藤忠テクノソリューションズ 新事業創出・DX推進グループ DX企画推進部長代行 五十嵐知宏氏(左から)、Liquid AI 共同創業者 最高経営責任者(CEO) Ramin Hasanis氏、Itochu Techno-Solutions America 社長&CEO 田中匡憲氏
伊藤忠テクノソリューションズ 新事業創出・DX推進グループ DX企画推進部長代行 五十嵐知宏氏(左から)、Liquid AI 共同創業者 最高経営責任者(CEO) Ramin Hasanis氏、Itochu Techno-Solutions America 社長&CEO 田中匡憲氏

 LNNとは、線虫の神経系をベースとしたニューラルネットワークで、従来のニューラルネットワークと比べてコンパクトなモデルであり、高い説明可能性を有しているという。また、環境や条件が変わる中でも連続的に学習が可能という特徴がある。

 例えば、一般的な機械学習モデルで約10万個のニューロンを必要とする自動運転の計算を、LNNでは19個のニューロンで算出できるとしている。これにより、エッジデバイスや利用者の近くに設置する小型コンピューターで動作が可能になり、実際にドローンや車両の自動運転などのユースケースで有効性が実証されている。

 また、膨大な計算コストを必要としていたAIシステム基盤の縮小や、電力消費量/二酸化炭素(CO2)排出量の削減にもつながるとのこと。

 CTCでは、Liquid AIと協業を進め、LNNを活用するための概念実証(PoC)やデータ分析などのサービス、大規模なAIシステムの省力化に向けた技術検証に取り組んでいく計画だ。

Liquid AIとの協業で実現する未来
Liquid AIとの協業で実現する未来

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]