エン・ジャパン、求人サイトにオブザーバビリティを導入

ZDNET Japan Staff

2024-03-05 13:34

 New Relicは、同社のオブザーバビリティ(可観測性)サービスが、エン・ジャパン運営の求人サイト「エンゲージ」に導入されたと発表した。

 New Relicによると、エン・ジャパンが2023年に示した中期経営計画で「5年で10倍のビジネス成長」を掲げており、アプリケーション開発の内製化、エンジニア増員、オブザーバビリティ活用を推進している。

 「エンゲージ」は、社員とアルバイトの求人サイトになり、2024年2月時点で約60万社・約158万件の求人情報を掲載しているとのこと。エン・ジャパンは、同サイトをリニューアルし、マイクロサービスアーキテクチャーによるコンテナーアプリケーションへの移行を進め、中期経営計画にある「10倍のビジネス成長」に耐える、さらなる高信頼性と拡張性のあるサービス基盤を目指しているという。

 オブザーバビリティの導入効果は、トラブルシューティングの迅速化と従来可視化されなかった不具合の潰し込みになる。アプリケーションのプロセスやインフラ全体の可視化、各種観測データによって、アプリ開発側と基盤運用側が情報を共有し、問題解決・サービス改善品質に向けた協力と対応フローの円滑化が図られた。特にインシデントの対応工数は、以前の半分以下に減ったとしている。

 また、エンジニア組織の拡充とシステム投資における意思決定に関して、New Relicからのデータを経営層に提示できるようになった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]