オートバックスセブン、顧客ID統合基盤として「SAP Customer Data Cloud」を導入

ZDNET Japan Staff

2024-03-29 14:15

 オートバックスセブンは、顧客IDの統合とグループ横断のデータ活用基盤として「SAP Customer Data Cloud」を導入した。NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションとSAPジャパンが3月29日に発表した。

 オートバックスセブンは、カー用品総合専門店「オートバックス」など全国590店舗を展開する国内カー用品大手。持続的な成長を目指すDX戦略の一環として、これまでの顧客体験の課題を解決するため、SAP Customer Data Cloudの導入を決めた。

 これまで、同社グループや各サービスのウェブサイトやアプリでは、同じログインIDで横断的にサービスを利用できず、グループ全体の顧客体験を捉えることができないという課題を抱えていた。

 今回の導入により、オートバックスセブンの顧客は1つのログインIDで同社が提供する全てのサービスを利用できるようになった。また、ログインIDの共通化と併せて顧客の許諾を得ることで、グループ横断のデータ活用環境による最適なプロモーションが企画可能となるとしている。

システムの概要
システムの概要

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]