編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ビジネスポータル事業で協業関係を広げる--サイボウズがクロスヘッドを連結子会社化

田中好伸(編集部)

2005-08-02 19:07

 サイボウズは8月2日、ネットワーク構築のクロスヘッドの株式を追加取得して、連結子会社とすることを発表した。サイボウズとクロスヘッドは資本提携しており、今年4月にクロスヘッド株を13.3%取得している。今回の追加取得でクロスヘッド株を54.0%所有する。

 サイボウズは、ビジネスポータル事業「cybozu.net」を進めており、cybozu.netの構築・運営をクロスヘッドに委託している。サイボウズとクロスヘッドは、両者の協業関係を広げてシナジー効果を高めるために、資本提携関係を結んだ4月の時点でクロスヘッド株の取得比率を高めていくことを計画していたという。

 cybozu.netは8月22日に本格展開する。サイボウズとクロスヘッドは現在、同サイトでの新しいツールを共同で開発しており、両社の関係は以前より深まっているとサイボウズは説明している。サイボウズは、クロスヘッドを連結子会社とすることで、クロスヘッドとの関係がシナジー効果をもたらすと判断して、株式を追加取得した。

 サイボウズは今年1月に、新製品・新サービスを提供するために、外部との提携、企業の合併・買収(M&A)を積極的に進めていくとの戦略を明らかにしている。今回の連結子会社化も、その戦略の一環としている。

サイボウズ

クロスヘッド

cybozu.net

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]