編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「J2EEと.NETを結合してみせます」--日本HP、日本BEA、MSがSOA導入で協業

田中好伸(編集部)

2005-10-19 21:13

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、日本BEAシステムズ、マイクロソフトの3社は10月19日、サービス指向アーキテクチャ(SOA)で協業することを発表した。3社が協業するのは今回が初めてとなる。

 協業の内容は、以下の3点からなる。

  • 技術検証施設「SOAコンピテンシー・センタ」の開設
  • SOAによるシステム構築サービスの提供
  • SOAのメリットを体験するデモセンターの開設

 SOAコンピテンシー・センタでは、日本BEAとマイクロソフト両社製品の相互接続を検証する。J2EEと.NET環境の相互運用性を確保することで、J2EEと.NET混在環境下でSOAでのシステム開発を可能にするためだ。

 相互接続検証に用いられるのは、日本BEAのJ2EEアプリケーションサーバ「BEA WebLogic」とエンタープライズサービスバス(ESB)機能のミドルウェア「BEA AquaLogic」、マイクロソフトの.NET環境で稼動する「Microsoft BizTalk Server」など。また、SOAで構築されたシステムの運用を監視する、日本HPの「HP OpenView SOA Manager」も相互接続検証の対象となる。SOAコンピテンシー・センタは、11月1日から日本HPの市ヶ谷事業所で開設される。

 相互接続検証は、11月から2006年1月までをフェーズ1として、各製品を単体で検証し、2006年2月から4月までをフェーズ2として、相互接続検証を実施、2006年5月からをフェーズ3として、相互接続の環境下での応用検証を展開する、というロードマップが明らかにされている。応用検証では、性能テストや性能向上手法、可用性テストが実施される予定となっている。

 システム構築サービスは、顧客企業の状況にあわせてシステム開発にSOAを導入できるようになる。日本BEAとマイクロソフトが技術協力する。具体的には、(1)ビジョン策定、(2)基本計画策定、(3)基本設計、(4)サービス定義、(5)共通基盤設計、(6)ソフトウェア開発、(7)運用設計・管理--の7つからなる。

 顧客企業は、自社のシステム環境にあわせて、これら7つのサービスを選んでSOAを導入することができる。各サービスは、個別見積で提供される。

 デモセンターは、SOAを導入するメリットを企業に体感してもらうためのものだ。企業のシステム状況にあわせて、用意されてあるデモシナリオをもとにデモを企業に見せる。

SOAはどこから着手すべきか

 システムが実際に稼動している環境では、システム構築をSOAに移行させようとしても、多様な技術検証や動作確認の工数がかかるために、企業にとってはどこから着手すべきか分からず、SOA導入が進んでいない。

 そこで3社は、J2EEと.NETという業界標準の技術の相互接続を検証することで、企業システムへのSOA導入を促進させる考えだ。なお今回の提携は、日本国内のものとなっている。

 「SOAについて顧客企業と話していると、『J2EEと.NETのどちらか一方にあわせないといけないのか』『結合させることができないのか』と必ず聞かれる。その度に私は『結合してみせます』と言っている」と日本HPの石積尚幸副社長は語り、SOA導入には、J2EEと.NETの相互接続検証が欠かせないとの認識を明らかにしている。

 相互接続の必要性については、日本BEAのアリイ・ヒロシ社長もマイクロソフトの鈴木協一郎デベロッパー&プラットフォーム統括本部長も「顧客との会話の中でよく出てくる話題」と話している。

 石積副社長は、今回から提供するSOAによるシステム構築サービスについて「製造・流通分野で展開していきたい」としている。

 「日本HPでは仮想化技術を得意としており、仮想化されたシステムを導入している企業はSOAにも積極的だ。そういった企業にSOA導入を働きかけていきたい」(石積副社長)

(左から)日本HPの石積尚幸副社長、日本BEAのアリイ・ヒロシ社長、マイクロソフトの鈴木協一郎本部長


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]