編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ウイングアーク、業務文書をウェブ化する「StraFormX ver.1.1」を発売

エースラッシュ

2006-01-17 18:44

 ウイングアーク テクノロジーズは1月17日、業務文書をウェブ化する製品「StraFormX」の最新バージョンとなる「ver.1.1」を出荷開始した。

 StraFormXはExcelやWordのファイルだけでなく、紙を含むさまざま形式の業務文書から、ノンプログラミングでウェブフォームを生成できる。入力されたデータはデータベースと直接つながらず、いったんサーバにXMLデータを蓄積するという形をとっており、罫線などのフォーム部分と、入力されたデータ部分が分離されている。検索性が高く、業務現場の用途に合わせて入力項目を臨機応変に変更できるのが特徴だ。

 最新バージョンでは、豊かな表現力と高い操作性をもつ「リッチウェブフォーム」を生成できるようになった。リッチウェブフォームは高機能で複雑な動きをHTMLとJavaScriptのみで実現しており、使用環境を選ばすにPCとブラウザだけで作業が可能となっている。また、エンターキーによる入力項目のフォーカス移動が可能になり、入力工数が削減されている。さらに入力制御、入力チェック、順次入力の誘導などができるようになっているほか、サーバへのファイル配置も簡易サーバデプロイによって可能となり、ブラウザからサーバの設定ができる。

 価格は、デザイナ製品である「StraFormデザイナ」が1本20万円で、サーバ製品となる「StraFormサーバ基本モジュール」が10同時ログインで40万円となっている。いずれも、より大きい規模のパッケージは割安となる価格設定がされている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]