編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

サンとTIS、シンクライアントシステムの構築・運用支援で協業

ニューズフロント

2006-02-21 17:03

 TISとサン・マイクロシステムズは2月21日、シンクライアントシステムの提供について協業すると発表した。

 サンが、シンクライアントシステム「Sun Ray Ultra-Thin Client(Sun Ray)」の端末と、サーバ側のハードウェア、ソフトウェアを供給する。TISはSun Rayを自社に導入して蓄積したノウハウをもとに、シンクライアントの構築、運用支援サービスを提供する。

 Sun Rayは動作環境がサンのUNIX OS「Solaris」で、企業が導入する際、Windowsシステムなどと共存を図るためのノウハウが必要となる。このため、TISはまず自社で導入してノウハウを蓄積し、その後自社の実績をベースにシステムの構築ノウハウを顧客に提供する。

 TISは2005年6月から9月までSun Rayを試験的に自社に導入し、セキュリティの強化とTCO(Total Cost of Ownership)の削減が図れると判断した。今後、TISは2006年12月までに約300台のSun Ray端末を導入。その後順次規模を拡大し、最終的に全社でSun Rayを運用する。

 導入後は、Sun RayとTISのデータセンター・サービスなどを組み合わせ、顧客企業に提案する。基本設計の検討のほか、ユーザー認証機能やサーバ資産の統合や分離を支援。システムのデータ量にあわせたネットワークの再構築などにもノウハウを提供する。TISでは2007年3月までに5億円の売上げを目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]