編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

日本オラクル、SOA実現の基盤製品「Oracle Application Server 10g Release 3」を発表

CNET Japan Staff

2006-03-02 08:11

 日本オラクルは3月1日、エンタープライズ向けJava仕様の次世代版「Java EE 5」の一部機能をサポートし、SOA(サービス指向アーキテクチャ)実現の基盤となる「Oracle Application Server 10g Release 3(10.1.3)」および「Oracle JDeveloper 10g Release 3(10.1.3)」の提供を開始することを発表した。

 Oracle Application Server 10g Release 3(10.1.3)は、オラクルのミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」の主要コンポーネント。最新のJava仕様「J2EE1.4」に完全に対応している。

 また、先行してJava EE 5のコンポーネントモデル「Enterprise JavaBeans 3.0(EJB3.0)」を早期に実装。EJB3.0の永続性管理機能エンジンには、実績あるO/Rマッピングツールの最新版「Oracle TopLink 10g Release 3(10.1.3)」が採用されている。

 さらに、「Oracle Real Application Clusters」と組み合わせることで高い可用性を実現する高速接続フェイルオーバー機能に対応することで「Oracle Database」と強固に連携する。

 Oracle Application Server 10g Release 3(Oracle TopLink 10g Release 3を含む)の価格は、1 Processorが税込み65万6250円より、1 Named User Plusが税込み1万3125円より。2006年3月末より提供が開始される。

 一方、J2EE統合開発環境であるOracle JDeveloper 10g Release 3(10.1.3)は、オラクル技術者向けコミュニティサイト「Oracle Technology Network Japanhttp://otn.oracle.co.jp/」から無償でダウンロードすることが可能。

 すべての機能を搭載した「Studio Edition」に加え、Javaコーディング開発者向けの最小構成の「Java Edition」、J2EE開発者向けの「J2EE Edition」の3種類を公開することで、目的に合った製品を利用できる。

 最新版では、SOAを支えるテクノロジ基盤として、JavaServer Faces(JSF)やAJAX、EJB3.0などに対応した機能が提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]