編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ビジネスオブジェクツ、CRYSTAL製品ラインの拡大とEIMのための新戦略を発表

CNET Japan Staff

2006-05-11 02:14

 ビジネスオブジェクツ(BO)は5月3日、個人向けと中堅企業向けのビジネス レポーティングのソリューションを発表した。

 新しいCrystal製品群は、企業規模を問わず、あらゆる企業が説得力のあるレポートを簡単にデザインし、そこからダッシュボードやプレゼンテーションを構築するもの。高いセキュリティ環境でデータを管理し、その情報をMicrosoft Office内でリアルタイムに使用できる。

 BOは、2つの新しいCrystal製品である「個人向けのCrystal Vision」と管理者向けの「Crystal Vision Server」を発表。新製品群では、データベースやアプリケーション内の情報への全社的アクセス、レポートおよびダッシュボードの構築、エンドユーザーへの容易な配信のための手段を提供する。

 またBOは同日、エンタープライズ インフォメーション マネジメント(EIM)のための新しい製品、サービス、パートナーシップも発表した。

 EIMは、企業の情報が正確かつ最新であることを保証する戦略。BOは、包括的なEIMソリューションを提供することで、企業がBIとパフォーマンスおよびマネジメントの推進に必要な情報基盤を提供できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]