編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「Windows Storage Server 2003 R2」搭載ストレージ製品が提供開始

ニューズフロント

2006-05-23 17:57

 マイクロソフトは5月23日、OEMパートナー各社がストレージシステム向けOSのアップデート版「Windows Storage Server 2003 R2日本語版」搭載ストレージ製品の提供を開始したと発表した。アップデート版より、新たにアイ・オー・データ機器と富士通も搭載製品の提供を始める。

 Windows Storage Server 2003 R2は、サーバ向けOS「Windows Server 2003 R2」をベースとするストレージシステム専用OS。Windows Server 2003 R2と同一のコードを使用し、ファイルサービスとプリントサービスに機能を限定することで、「容易な導入と運用管理を実現する」(マイクロソフト)。

 アップデート版では、重複ファイルによるディスク使用量を低減する「シングルインスタンスストレージ(SIS)」機能や、クライアントマシンからテキストベースのファイルおよび文書検索を可能とする「インデックスベース検索」機能を採用した。さらに、iSCSIプロトコルに標準対応すると同時に、iSCSIによるSANブートなども可能とした。

 マイクロソフトは、米String Bean Softwareから取得したiSCSI技術「WinTarget」を、今後Windows Storage Server 2003 R2の「Feature Pack」(新機能のアップデート)としてOEMパートナー各社経由で提供する。WinTargetは、「Standard Edition」および「Enterprise Edition」で利用可能となる予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]