編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

クレハ、本社と仙台営業所をIPセントレックスで統合--沖電気の「SS9100」を利用

ニューズフロント

2006-08-21 16:54

 沖電気工業は8月21日、化学製品メーカーのクレハの本社と仙台営業所をつなぐ企業内IPセントレックスシステムを構築したと発表した。システム構築には、グループ会社の沖ウィンテックも協力した。

 クレハは、2005年10月の本社移転時に沖電気のIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100」を導入し、同サーバに接続したIP多機能電話機500台を業務に利用している。今回、このIP電話システムを拡張し、本社と仙台営業所を接続した。

 仙台営業所のシステムは、本社にあるSS9100の管理下とし、13台のIP多機能電話機を設置。同システムのLAN配線は、IP電話用の音声系とPCなど用のデータ系の2系統に分かれている。そのため、データ通信量が増えても音声通話に影響せず、QoS機能対応スイッチを用いる必要がないことから、構築段階でコストを削減できた。

 今後、クレハでは、この同IPセントレックスシステムを全国28拠点に拡大する計画だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]