編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ISID、Seasar2向けサポートサービスの対象モジュールを拡大、旧版も対象に

ニューズフロント

2006-11-13 13:30

 電通国際情報サービス(ISID)は11月10日、オープンソースのJ2EE開発フレームワーク「Seasar2」向けの商用サポートサービスを拡充した。サポート対象モジュールを増やすとともに、最新版以外もサポート対象とする「バージョン固定サービス」を提供する。

 Seasar2は、国内のオープンソース組織であるSeasarファウンデーションが開発/管理するJava開発用フレームワーク。ISIDは、2005年11月からSeasar2向け商用サポートサービスを提供している。

 この1年間でSeasar2のモジュールが増えたのにともない、ISIDは新たに6種類のモジュールをサポートする。これにより、以下の10モジュールがサポート対象となる。

  • Seasar2
  • S2Dao
  • S2Flex
  • S2JSF
  • S2Struts
  • S2Hibernate
  • Teeda
  • KuinaDao
  • S2Dxo
  • 2Flex2
  • S2HibernateJPA
  • Chura(Seasar2、Teeda、KuinaDao、Dolteng、Uujiで構成されるスタック)

 ISIDは、リリース後最長7年までのバージョンをサポート範囲とするバージョン固定サービスも追加した。顧客の利用したSeasar2のモジュールをISIDが保持することで、「顧客固有の問題に対し、柔軟かつ長期にわたるサポートを提供する」(ISID)。

 税別年間サポート料金(税別)は、最新バージョンおよびバージョン固定とも、5インシデントが30万円、20インシデントが60万円となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]