編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ワイズノット、OSSビジネスアプリをASP型で無料提供

CNET Japan Staff

2006-11-29 22:34

 ワイズノットは11月28日、同社が発行するフリーマガジン「NEXTWISE」の創刊1周年を記念し、ポータルサイト(http://nextwise.jp)上でオープンソースソフト(OSS)のビジネスアプリケーションの無料提供サービスを開始すると発表した。

 NEXTWISEポータルでは、「0円から始めるIT投資」をコンセプトとし、グループウエア、ブログといった幅広く利用できるツールプロジェクト管理ツールなどのOSSからビジネス利用度の高いアプリケーションを選び、無料提供している。

 アプリケーションを利用するには、企業や組織の管理者が会員登録するだけで即日利用できる。また1回の認証手続きで複数のアプリケーションにアクセスできるシングルサインオン機能で、アプリケーションごとのIDやパスワードを設定する必要がない。またASP型で提供しているため、メンテナンスやライセンス管理、サーバの設備投資も必要もない。

 同サービスの開始により、2007年3月末までにNEXTWISEポータル会員登録1000社獲得を目指す。無料提供されるアプリケーションは以下の通り。

  • Group-Office:グループウェア
  • Nikilog:メンバー限定で利用できるブログアプリケーション
  • SentaQ:投票システム。集計結果をグラフ表示でき、選択項目の追加、単一選択などの設定に対応
  • Keiji-BAN:掲示板。カテゴリ別に話題を分類可能
  • Pro-Vision Report:プロジェクト/ユーザー単位でプロジェクトの進捗、原価計算ができる
  • Rro-Vision EVM:プロジェクト管理ツール。Pro-Vision Reportと連動することでEVM(Earned Value Management)管理が可能
  • OneOn Light:メールマーケティングシステム。メールマガジンの作成、配信が可能

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]