編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通、事業継続管理コンサルを刷新--DRサービスを中堅向けに拡充

CNET Japan Staff

2007-05-17 19:32

 富士通は5月16日、事業継続管理(Business Continuity Management:BCM)に関するコンサルティングサービスを刷新し、「ディザスタリカバリセンタサービス」を中堅企業向けに拡充すると発表した。

 この取り組みは、顧客企業の事業継続や情報セキュリティを支援するソリューション「SafetyRing(セーフティリング)」の強化の一環。

 事業継続コンサルティングサービスの刷新では、従来より提供していた事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)策定サービスに加え、運用プロセス全般を見渡せるコンサルティングサービスの提供を開始する。事業継続マネジメントプロセス全般にわたる「BCMコンサルティング」とITの継続性強化を目的としたコンサルティング「IT-BCPコンサルティング」 が新たにラインアップされた。価格はどちらも500万円から。

 ディザスタリカバリセンタサービスは、富士通のシステムセンターに災害対策システム環境を用意し、顧客企業のシステム停止およびデータの喪失を最小限に抑えるアウトソーシングサービス。共用システム型サービスの価格は月額28万円から、リモートデータバックアップサービスは月額8万円から。

 SafetyRing全体で2007年度末までに940億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]