編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その14:余剰スペースで遊ぶパート1--カフェの作成 - (page 7)

大槻透世二(サイバーアドベンチャー株式会社)

2007-05-24 08:00

 ボックスと照明部分を組み合わせると下図のようになる。

ボトル台のボックス

 この照明付きボックスを9個並べると下図左のようになる。照明部分の周りは透明になっているため、向こうが少し透けて見える。カフェの壁に取り付けると下図右のようになる。

ボトル台

 さて、余剰スペースの活用でカフェを建築しているが、オブジェクト作成の演習として見た場合、ついてくることができただろうか。「こんなの簡単だよ」という方は、次回を楽しみにしておいてほしい。「忘れてしまった」という方は、該当回に戻ってもう一度復習してほしい。次回はカフェ構築の第2弾となる。それではお楽しみに。

大槻透世二氏
大槻透世二サイバーアドベンチャー(株)
代表取締役社長/CEO

デジタルハリウッド大学院
次世代インターフェース研究室 研究員
Second Life研究室 研究員/プロデューサー
Linden社推薦 Second Lifeセミナー講師

東北大学心理学専攻卒業。1年間のLA留学を経て、ソリッドレイ研究所でバーチャルリアリティのシステムインテグレーション、立体映像システム構築、HMDシステム構築などを経験。IT系コンサルティング会社を経て、デジタルハリウッド大学大学院コンテンツマネジメント修士課程修了(MCA)。その後、Linden Lab本社にてSecond Lifeカリキュラムのトレーニングを受ける。現在デジタルハリウッドにて「Second Life」セミナーを開催。また、バーチャルリアリティ、メタバース関連のシステム開発/プロデュースを行うサイバーアドベンチャー(株)を設立し、そのCEO職に就いている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]