オンラインゲームが対象になる可能性も--マカフィーの2008年脅威トップ10予想

吉澤亨史 2007年12月03日 21時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは12月3日、2008年のセキュリティ脅威トップ10の予想を発表した。これは、マカフィーののセキュリティ脅威に関する研究機関「McAfee Avert Labs」が発表したもの。2008年は特にウェブの危険性とマイクロソフトのWindows Vistaを狙った脅威が増大し、一方アドウェアと呼ばれる広告を表示するソフトウェアは減少傾向となると予想している。

 発表によると、オンラインアプリケーションやソーシャルネットワーキングサイト(SNS)に対する新たな攻撃傾向として、とりわけ「Salesforce.com」「Monster.com」「MySpace」などWeb 2.0サービスを標的とする情報漏洩やマルウェアが大幅に増加するとしている。また、最大のPtoPボットネットを構築した「Stormワーム」の成功に便乗し、他の犯罪者が多数のパソコンをボットに変えると予想している。

 また、2006年に比べ、2007年には一般的なインスタント メッセージング(IM)アプリケーションの脆弱性の数が倍以上に増えたことなどから、IMによる「フラッシュ」ワームの予兆があるとしている。オンラインゲームをターゲットにしたパスワードを盗み出すトロイの木馬の数が、銀行をターゲットにしたものよりも急速に増加していることから、オンラインゲームがターゲットにされる可能性も高いとしている。

 同社では、2008年にはVistaが市場シェアを拡大し10%の大台に乗ると予測している。これにより攻撃者、マルウェアの作者は本格的にOSの防御を突破する方法を模索し始めるとしている。また、広告を表示するソフトウェアの提供者に対する政府の取り締まりが効果を発揮していることなどから、アドウェアは引き続き減少すると予想している。

 2008年は、サイバー犯罪者がデータを盗み出すフィッシング詐欺のターゲットとして、小規模でアクセス件数の少ないサイトを狙うケースが増えるとしている。また、犯罪プログラムの闇社会における感染型ウイルスへの嗜好は今後も続き、2008年には感染型のマルウェアが20%増加するとしている。

 マカフィーはまた、セキュリティベンダーが仮想化を取り入れることで強力で新しい防御を構築すると見ており、研究者、プロのハッカー、マルウェアのライターは、新しい防御技術を回避する方法を模索し始め、いわゆるいたちごっこが続くことになるとしている。また、2008年にはVoIP関連の脅威が50%増加すると予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算