マイクロソフト、Office Live Small Businessの有償バージョンを廃止

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年02月12日 16時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間2月11日、「Office Live Small Business」製品の既存の3バージョンをひとつに統合し、このひとつのバージョンを無料で提供すると発表した。

 Office Live Small Businessは、ウェブベースのサービスの一式であり、従業員が10名以下の企業を対象とし、「Microsoft Office」を補完することを意図したものである。Microsoftはこのサービスの最初のバージョンを2006年10月に開始し、それ以来3種類が提供されていた:無料のエントリレベルの製品(Office Live Small Business Essentials)、1カ月あたり19.95ドルのミドルレンジのサービス(Office Live Small Business Essentials)、そして1カ月あたり39.95ドルのハイエンドサービス(Office Live Small Business Premium)である。

 今後は、ひとつの統合された無料サービス「Office Live Small Business」が登場し、これまでの3つのSKUに取って代わる。しかしMicrosoftはこの無料SKUに、毎月の契約料を徴収してアドオンサービスを提供する予定である。

 このような有料サービスのひとつとして、ホステッド電子商取引サービスの「Store Manager」が1カ月当たり39.95ドルで提供される。これは顧客が各自のサイトのほか「eBay」から製品を販売する手助けをするものである。(Microsoftは他の電子商取引サイトを将来のリリースでサポートする計画であると同社関係者は述べている。)他の例としては:カスタムドメイン名や電子メールのサポートで、顧客にプライベートドメイン名登録を提供するほか、各々5Gバイトのストレージを備えた100の企業ブランドによる電子メールアドレスを提供するものである。Microsoftはこのサービスを初年度は無料で、それ以降は年間14.95ドルで提供する予定だ。

  Microsoft関係者は、Office Live Small Businessの有料SKUを、顧客からのフィードバックを踏まえて中止する決定を下したと述べている。Microsoftが最初にこのサービスを開始した際には、顧客は選択肢があることを望んでいたと、MicrosoftのBaris Cetinok氏(Office Live Small Businessの製品管理マーケティングディレクター)は主張している。Microsoftが刷新されたOffice Live Small Businessのラインナップに取り組んでいるときに、顧客はSKUが多すぎるのは紛らわしく、もっとシンプルで簡易化されたサービスを好むと述べていた。

 新たにひとつとなったOffice Live Small BusinessのSKUは、11日から顧客に提供され始めるが、同製品は「Firefox 2.0」へのサポートと、「Microsoft Office Outlook」とのシンクロ化を加えた。Microsoftはまた、顧客に対して電子メールマーケティングサービスのベータ版を提供する。これはOffice Live Small Businessの顧客が(ベータテスト期間中は)無料で最高200件の電子メールをプロモーション目的で各社の顧客に送信することを可能とさせるものである。

 現時点では、MicrosoftのOffice Liveのラインナップは以下のとおりとなっている:

 消費者向け:「Office Live Workspace」。Officeユーザーがオンライン上で文書を共有し、共同作業することを可能とするサービス。

 小規模企業向け:「Office Live Small Business」。

 エンタープライズユーザー向け:「Office Online」。大手ユーザーのためのMicrosoftのホステッドサービスのライン。成長している。これには「Office Exchange Online」「Office SharePoint Online」「Office Communications Online」が含まれる。

 Microsoft関係者は、Office Liveファミリーが今後数年内にMicrosoftの最大かつ最も繁栄した製品ラインとして浮上すると予想している。しかしこれまでのところ、これらのサービスが一世を風靡する様子はみられない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化