編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、SQL Server 2008の2月版テストビルドをリリース

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-02-20 11:20

 Microsoftは米国時間2月19日に「SQL Server 2008」の新しい「Community Technology Preview(CTP)」テストビルドを提供し始める。

 Microsoftが「機能を完全装備した」と述べるこの新ビルドは、CTPプログラムへの参加を登録している10万人のテスターの誰もがダウンロードすることができるようになると、Microsoftは述べた。

 Microsoftは最近、SQL Server 2008を2008暦年の第2四半期ではなく、第3四半期に出荷する予定であると発表した。この遅れにもかかわらず、Microsoftは依然として2月27日にロサンゼルスで開催予定の「Heroes Happen Here」イベントで「Windows Server 2008」と「Visual Studio 2008」とともにデータベースの最新版のリリースを発表する計画である。ただし顧客はSQL Server 2008を今年後半に入るまで入手することができない。

 同社によると、この新ビルドには、さらなるデータ圧縮、ポリシー管理、そして統合されたフルテキスト検索機能が含まれるという。

 MicrosoftはSQL Server開発プロセスの迅速化を図るために、コード名「Katmai」と称するSQL Server 2008のテストを、伝統的なベータ版を通してでなく、CTPを使って実施している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]