編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ドリーム・アーツ、RSSリーダ機能を加えたポータル型グループウェアの新版を発売

CNET Japan Staff

2008-03-14 18:02

 ドリーム・アーツは3月14日、大規模向け企業情報ポータル型グループウェアの最新版「INSUITE Enterprise ver.2.2」(インスイート)を発売した。

 インスイートは、企業情報ポータル(EIP)、グループウェア、ナレッジマネジメントの機能を統合した製品。大規模組織での利用に耐えるセキュリティ、アクセスコントロール、ユーザーグループ管理機能を備える点も特長で、8万ユーザーを超える日本郵政グループをはじめ、数千〜十万ユーザー規模の導入事例も多いという。

 最新版となるインスイート ver.2.2では、新たにRSSリーダを追加。RSSリーダにより、外部のシステムやサービスが発信する情報を取り組み、ポートレットの1つとして表示できる。また、Windows Vista、Internet Explorer 7環境での動作に正式に対応した。

 インスイート ver.2.2のライセンス価格は、10クライアントパックの15万円(税別)より。既存ユーザーのバージョンアップは無償。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]