編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

NECと日立、Linux/OSSで協業--ミドルウェア関連ツールなどを共同開発

田中好伸(編集部)

2008-03-27 18:21

 NECと日立製作所は3月27日、Linuxをはじめとするオープンソースソフトウェア(OSS)に関する協業について合意したことを発表した。アプリケーション開発・運用管理を支援するOSSミドルウェア関連ツールなどの共同開発を進めていく。

 まずは、NECのデータベース(DB)メンテナンスツール「InfoFrame DB Maintenance」の日立への導入、日立の統合システム運用管理ソフト「JP1」とNECのDB監視ツール「InfoFrame DB Monitor」との連携ソリューションの開発などを行い、順次、範囲を拡大していく。協業の成果となる各種製品やツールは、OSSミドルウェアの構築・運用サポートを支援するサービスとあわせて、両社からそれぞれ提供していく。

 両社では従来から、OSSコミュニティーの一員として、Linuxシステム障害時のメモリ解析支援ツール(カーネルクラッシュダンプ)などの高信頼化機能の開発を進めてきているが、今回は、Linuxシステム障害発生時の処理経過をトレース情報として採取、障害解析を可能とするカーネルトレース機能の開発を共同で推進していく。

 必要な時にだけトレース情報を採取する機能や、採取するトレース情報を定義する機能、トレース情報の採取にかかるオーバーヘッドを低減して、システム性能に与える影響を最小限にする機能など基盤機能を強化する。加えて、実際の障害解析に効果的なトレース情報の取得個所の検討など、利用技術についても確立していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]