編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MS、多様なテストビルドを一挙リリース:仮想化、管理、中規模サーバ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-04-30 06:34

 Microsoftは仮想化、管理、そして中型サーバウェアの多様な新ベータビルドの提供を開始した。

 「System Center Virtual Machine Manager 2008」:Microsoftは米国時間4月29日、System Center Virtual Machine Manager 2008のパブリックベータ版(クリエイティブなコード名は「Virtual Machine Manager vNext」であった)を提供した。この新SCVMMリリースにより管理者はその物理的および仮想的アセットを単一のアプリケーションから一元的に集中管理することができるようになる。Microsoftによると、この新リリースにより管理できるようになる仮想アセットとしては、「Windows Server 2008 Hyper-V」(まだベータ版)、「Microsoft Virtual Server 2005 R2」または「VMware ESX Server」があるという。

 「System Center Operations Manager 2007 Cross Platform Extensions」:29日にはまた、MicrosoftはSystem Center Operation Manager 2007 Cross Platform Extensionsのパブリックベータ版を公開した。Microsoftは一部のプラットフォーム(HP-UX、Red Hat Enterprise Linux、NovellのSuSE Enterprise LinuxそしてSun Solarisなど)のために「追加設定なしの」サポートを提供する。そして同社は他プラットフォーム(Apacheの製品、MySQL、Oracleなど)のための管理パックについては第三者提供業者に依存している。

 「System Center Operations Manager 2007 Connectors」:アップデートされたSystem Center Ops Manager 2007 Connectorsのベータ版が29日にリリースされた。このコネクタはSystem Centerがモニターするデータを「HP OpenView」や「IBM Tivoli Enterprise Console」などの第三者管理ウェアと交換するためのものであるとMicrosoft関係者は述べている。

 同社によると、以上3種類のベータ版は全てMicrosoftのConnectテストサイトから入手できるという。

 他方でWindows Serverの分野では、匿名希望のテスターによると、Microsoftは先週、「Windows Essential Business Server」(中規模市場サーバ「Centro」)製品のRelease Candidate(RC)0のマイルストーンを達成したという。

 Microsoft関係者は今年に入り、Centroと「Cougar」(その小規模企業向けの製品)が今年前半のいつかパブリックベータ版となり、両方とも一緒に2008年後半にローンチされる見込みだと述べていた。

 Essential Business Serverのプライベートテストバージョンには、管理サーバ、セキュリティサーバ、メッセージングサーバ、スキーマアップグレードツールが含まれている。これは事前に選定されたテスターのみにMicrosoft Connectテストサイトから提供される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]