編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Windows 7のテスターがインストーラにバグを発見(そして対処)

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2009-01-20 14:42

 「Windows 7」テスターの多くが、「Windows Update」を起動させようとするか、MicrosoftのMSIインストーラを使って何かをインストールしようとすると、不規則にクラッシュする原因となるバグに遭遇している。しかし数人のテスターが、その問題を修正するとみられる対処法を考案した。

 Windows愛好家のChris Holmes氏のブログからは次の通りである:

 「多くのユーザーが、Windows Updateを起動するか、MSIベースのインストーラを使って何かをインストールしようとすると、不規則なexplorerやmsiexec.exeのクラッシュを体験しはじめた。この問題はそれを回復させるだけのために、フォーマッティングが必要な人もいるほど深刻である。

 「(Within Windowsの)Rafael(Riviera)氏は、この障害はCustomer Experience Improvement Program(CEIP)の一部をなすSQM Clientにあることを発見した。ntdll.dllのWinSqmStartSessionを求めるすべてのプロセスが、このレジストリでMachineThrottlingが有効となっているときにクラッシュし始めるようだ。これはCEIPが動作する結果として生じるようである。」

 Holmes氏の記事に対するコメントによれば、かなり多くのテスターがこのバグにより骨抜きにされており、何が問題となっていたのかが今まで不明であったという。

 Holmes氏はこの問題に対するいくつかの対処法を発表している。筆者はMicrosoftに対し、このアップデートのバグにどのように、いつ対処する計画であるかを聞くために連絡した。(まだ回答は得られない。)

 もちろん、「これはしょせんベータだ!バグがあって当たり前!」という人もいるだろう。しかしもうひとりのWindowsテスターであるBryant Zadegan氏は、AeroXperienceサイトの記事のなかで、バグがあって、また別のバグがあるのだと指摘した。

 「MicrosoftはWindows 7のCEIPを人事を尽くして迅速に再び稼動させるようにしなければならない。このバグを回避するために、ますます多くの人がCEIPを無効にすれば、フィードバックも少なくなってしまう。」

 Win 7アップデートのバグに阻まれたというテスターはいますか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]