マイクロソフト:Windows 7のベータ版は1回だけ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2009年02月02日 05時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft関係者は米国時間1月30日、「Windows 7」のパブリック「Beta 2」がリリースされることはなく、次のマイルストーンビルドは同オペレーティングシステムのリリース候補(RC)テストビルドとなることを改めて表明した。

 「Engineering Windows 7」ブログのなかで、Windows開発責任者を務めるSteven Sinofsky氏は、関係者が昨年Professional Developers Conferenceにおいてはあまり明白に述べなかったことを改めて表明した:Windows 7のベータ版は1回しか出されない。

 Sinofsky氏は新しい記事のなかで、MicrosoftはWindows 7のための新たな出荷目標日を示す予定はないことを強調した。しばらく前から知られていることだが、MicrosoftのWindows 7の提供計画は、パブリックベータが1回、リリース候補が1回(現時点ではこれがパブリックかプライベートかということが不明である)提供され、その次にRTMに至るというものであった。リリース候補は「出荷を意図しているWindows 7と同様のもの」であるとSinofsky氏はブログで述べている。同氏の記事はリリース候補についてさらに詳細を述べている:

 「発生する最も重要な問題のみに対処することに注力しながら、フィードバックとテレメトリーを引き続き受けていく予定だ。同製品に対する目に見えるような影響を及ぼす変更については、すべて明確に伝達する予定である。本リリースは、生態系全体が一緒に既知の状態に達し、みなが間違いなくRTMへの準備を整えたという状態を可能とするものである。リリース候補を入手するときには、この生態系全体が次のステップに向けた『ドレスリハーサル』モードにあるのだ。」

 Windows 7の出荷目標日について問われたときのMicrosoftの「正式な」回答は、Vistaの一般的な提供日(2007年1月29日であった)から3年後ということで変わっていない。多くの顧客やパートナーは、MicrosoftがRTM予定日として今年第3四半期を目標としていると考えて続けている。

 MicrosoftがWindows 7を急ぎ、今にもリリースすると望んでいる人たちへ。あまり期待しないほうが良い。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化