オラクルのフィリップス社長、サン買収の意義をほのめかす - (page 2)

大川淳

2009-04-25 02:38

フィリップス氏、サン買収の意義をほのめかす

 「我々は年間で30億ドルを研究開発に投資している。Oracleはイノベーションの基盤を持っており、これまで研究開発費を減らしたこともない。実体経済の環境が悪化しても、この領域への投資は継続する。また、当社は技術革新を補完するために買収合併を行っている。これによってOracle以外のイノベーションを活かすことができる。この5年間に55社を買収してきた。今週の初めにも興味深い発表をした。これからも買収は続ける」

 Sun Microsystemsの買収に言及したのはこの一点だけだったが、やはり新たな技術がグループに加わることへの期待をにじませているようだ。

繰り返された言葉「標準技術」「標準化」

 Oracleが買収合併に注力するのはイノベーションを重視するからだけではない。

 「Complete(完全性)」「Open(オープン性)」「Integrated(統合化)」の3つがこの戦略の背景にある。

 アプリケーションからデータベースまで、事業活動で利用されるITの要素をほぼ全てOracle製品で用意する。これら一貫性のある標準技術で裏づけられている製品群を提供することが、顧客企業に対してもたらされる価値をより大きくできるとの意図が「Complete」には込められている。

 「Open」は「Complete」を支える柱となる。「スイート製品をつくるうえで重要になるのはOpenだ。(スイートに含まれる)製品同士は相互運用性がなければならない。標準化が鍵になる。標準化によってコストを下げることもできる」

 だからこそ「Oracleは標準化につとめてきた」わけだ。

 「Oracleにも以前は一貫性のないシステムが存在したが再構築した。55社もの企業を買収して、統合していけたのは複雑なシステムがないということを示しているともいえる。複雑性は使える情報も限られてくる」

 「Complete」「Open」を標榜すれば「Integrated」が必要になるのは自然な流れ、あるいは「表裏一体」といえるかもしれない。

 フィリップス氏は、「これまでは小さな企業がさまざまなコンポーネントを市場に投入し、ユーザー側はそれらの中から製品を選択。各自で統合して利用していた」と語り、そのような統合にかけなければなら時間は減らすべきだと主張する。あらかじめ統合が完了していれば、導入企業は余計な時間やコストを抑えられるからだ。

 これらの基本戦略の基盤となっているのは、フィリップ氏が講演中に何度となく繰り返し強調した「標準技術」「標準化」だ。ソフトウェアの将来は「標準」により開かれるものだという。

 フィリップ氏は今の状況を「ベストプラクティスに踏み出した」と表現し、講演の最後に次のように述べた。

 「既製品をこそ使う時代が来ている。アプリケーションを1から構築して独自仕様で固めてしまうのではなく、競合相手との差別化につながる点にだけ注力すべきだろう。我々は業界を変えるための手助けをしていきたい」

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]