編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Excelレガシーに1つの解:OSSの帳票ツール「ExCella Reports」などが公開

冨田秀継(編集部)

2009-06-26 18:05

 ビーブレイクシステムズは6月24日、JavaでExcelファイルを操作するためのオープンソースのフレームワーク「ExCella Core Version1.2」を発表した。翌25日には、ExCella Coreをベースとした帳票ツール「ExCella Reports Version1.0」と、同じくExCella Coreを利用したデータ移行支援ツール「ExCella Trans Version1.0」をリリースしている。

 いずれもSourceForge.JPがホスティングするのExCellaのウェブサイトで公開している。

 ExCella CoreはJavaでExcelファイルを操作するためのフレームワーク。POIやJava Excel APIなど低レベルのAPIと異なり、中〜高レベルのAPIを提供することでJavaとExcelの容易な利用を目指している。

 ExCella Reportsは、タグが記述されたExcelテンプレートからExcelやPDFの帳票を作成するツール。Excelのテンプレートを使用しているため、複雑な設定を行うことなく帳票イメージを作成することが可能だとしている。

 ExCella Transは、Excelで定義したデータからSQLやO/Rマッピングツールで利用可能なエンティティを作成できるデータ移行支援ツール。

 いずれもJ2SE 5.0以上、Excelは2000から2007に対応する。ライセンスはLGPL v3。

 ビーブレイクシステムズは業務管理システム「MA-EYES」(Management Accounting-EYES)の構築などで培ったシステム開発のノウハウの一部を「ExCella」シリーズとしてオープンソース化し、2009年5月より順次公開している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]