編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NTTデータと日本テラデータ、「Teradata」を核としたDWH/BIソリューションを共同で展開

ZDNet Japan Staff

2009-09-29 18:07

 NTTデータと日本テラデータは9月29日、データウェアハウス(DWH)やビジネスインテリジェンス(BI)のソリューション提供、システム構築に関する共同展開を同日より開始したと発表した。

 日本テラデータのDWH専用サーバシリーズである「Teradataプラットフォーム・ファミリー」に、NTTデータのノウハウをベースにしたDWH/BIソリューションを組み合わせて、顧客のデータ規模、活用レベルに応じたデータ分析・意思決定支援システムのニーズに共同で対応していくという。

 両社は、本格的なソリューション展開に先立ち、NTTデータのDWH/BI導入支援サービス「データウェアハウス/ビジネスインテリジェンス・ラボ」で、Teradataの評価を実施してきた。その成果に基づき、要件定義から運用までの全フェーズにわたるDWH/BIソリューションを展開していく予定としている。

 具体的には、Teradataプラットフォーム・ファミリーを用いたDWHシステムの構成の検討支援、DWH/BIシステムのパイロット構築、分析コンサルティング、NTTデータの持つ業種ソリューション、テクノロジーソリューションとTeradataプラットフォーム・ファミリーとを連携させた新たなソリューションの推進などを行っていくとする。

 大量データの処理が可能な「Teradataデータマート・アプライアンス1550サーバー」を用いた、通信業界における通信履歴データの分析、金融業界や販売業界における取引データの解析、政府機関における大量データの統計処理といった、超大規模データ管理ソリューションについては、特に重点的に取り組む予定だ。

 今後、NTTデータでは、上記のサービスと合わせてTeradata製品およびソリューションをベースとしたSIを積極的に展開する予定。また、日本テラデータでは「Teradata検証センター」を利用した営業活動支援やエンジニア向け技術トレーニングの支援などを継続的に実施していくとしている。

 NTTデータでは、日本テラデータとの共同ソリューションを核としたDWHシステム構築、システム開発において、今後5年間で100億円の売上高を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]