編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

人材開発のシステム化にあたり中堅企業が求める要件は?--クレオに聞く

梅田正隆(ロビンソン)

2009-11-19 17:56

 クレオが基幹業務パッケージを初めてリリースしたのは1993年のことだ。以来、ユーザーが会社全体で「使いこなせる」ことや、導入のしやすさ、価格のリーズナブルさなどをうりに出荷を伸ばし、現在累積で1790社以上の導入実績があるという。

 同社製品のユーザーには、従業員数でおよそ1000人〜3000人程度の中堅企業が多い。

 同社の基幹業務パッケージ製品は、早い時期から高機能化、多機能化に注力しており、特に多機能化の点では、早くからERP大手の大企業向けパッケージに劣らない機能を備えていたという。

 同社は、2004年8月の「CBMS (CREO Business Manager Series) 」ブランドから「ZeeM」への業務パッケージブランドの変更と同時に、システムの連携性や開発生産性の向上を図るため、プラットフォームをMicrosoft .NETに変更。ほぼ新規開発と言えるような完全リニューアルを実施した。現在では「ZeeM 会計」「ZeeM 人事給与」「ZeeM 購買」「ZeeM サービスデスク」「ZeeM Web会議」の5パッケージをそろえており、2010年1月には、新たに「ZeeM 人材開発」がラインアップに加わる。

「ZeeMシリーズ」のソリューションマップ クレオが提供する「ZeeMシリーズ」のソリューションマップ(画像クリックで拡大表示)

 同社執行役員、プロダクト事業部担当である林森太郎氏は「中堅企業向け基幹業務パッケージには、多機能で、かつ使いやすいことが求められる」と話す。

 一般に、大企業向けパッケージは多機能であることが重要視され、中小企業向けパッケージは多くの機能よりも、むしろ使いやすさが重要視される傾向があるという。その点で、両方を求められる中堅企業向けパッケージ市場は、ベンダーにとって少々複雑な市場であるようだ。

 そうした市場向けの製品として、新たにリリースされる「ZeeM 人材開発」とはどのような製品なのだろうか。

社員を人材開発施策に巻き込む仕組み

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
クレオ
経営

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]