会見ラッシュは「リリースラッシュ」の予兆--2010年のマイクロソフト新製品&サービス群に注目

大河原克行 2010年02月22日 09時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年に入ってから、マイクロソフトの発表が相次いでいる。

 ZDNet Japanでも、今年に入ってから、マイクロソフト関連の記事が相次いでいるのは読者も周知の通りだろう。実際、会見の予定を記入する手帳には「マイクロソフト」の文字ばかりが並んでおり、毎週2、3回はマイクロソフト関連の会見が入っている状態だ。それだけ、マイクロソフトが新たな製品を相次いで準備しているということになる。

 本コラムでは、Windows 7発売直前の昨年10月の時点で、ビジネスユーザーはWindows 7以降に発表されるプロダクトに注目すべきとの内容を掲載したが、まさかこれだけ細かく発表が相次ぐとは思っていなかった。マイクロソフトによる情報発信の頻度は、Windows 7が発売された2009年以上かもしれない。

 先週(2月15〜19日)にマイクロソフトが行った会見だけを羅列しみても、クラウド導入計画策定支援コンサルティングサービス「ITAP for S+S(IT Architecture & Planning for Software Plus Services)」や、千葉県と提携した「地域活性化協働プログラム」、広島市と発表した障がい者や高齢者向けのICT利活用プロジェクトの連携、そして「SQL Server 2008 R2」の発売日や価格の発表と会見が相次いだ。

 千葉県と広島市との会見には、マイクロソフト社長の樋口泰行氏自らが出向いて会見を開いたほか、SQL Server 2008 R2の会見では、競合他社が採用しているコア単位でのライセンス体系に対して、サーバ単位および物理ソケット単位での料金体系としている優位性を強調してみせた。そのほかには、一部の記者に限定して、新宿の本社で行われた、シニア情報生活アドバイザー向けのWindows 7セミナーの様子を公開するといった動きもあった。

 一方で海外では、「Windows Phone 7 Series」の発表や、OfficeとSNSの連携を図る「Outlook Social Connector」の発表。さらには、EUの欧州委員会が米Microsoftと米Yahooの提携に関して承認。マイクロソフトのインターネット検索事業および広告事業の強化に大きな一歩を進めるという動きも見られた。

 今週もマイクロソフトは相次いで会見を行う。

 2月23、24日に開催される開発者向けイベント「Microsoft tech・days 2010」の開催前日に、Windows Azureに関するプレス向け説明会を実施。米Microsoftのプラットフォームストラテジー担当シニアディレクターであるTim O'Brien氏と、マイクロソフトの執行役デベロッパー&プラットフォーム統括本部の大場章弘氏が説明を行う。

 また、tech・daysの期間中もAzureに関するプレス向けイベントが予定されており、もうひとつの注目ポイントである「Visual Studio 2010」とともに、さまざまな媒体でそのレポートが相次ぐことだろう。

 さらに今週は、定例で行われている「Office 2010」に関するプレスセミナーも開催されることになっている。Office 2010は、これから半年間に渡って、注目を集めることになるだろう。発売時期は日米ともに6月となる公算が強いが、すでに2009年11月からベータ版のダウンロードが開始されており、あわせてOffice 2010の新機能を定例の報道関係者向けセミナーなどを通じて、小出しに紹介し続けている。

 関係者の声をまとめてみると、Office 2010については、4月にも開発最終版となる「RTM(リリース・トゥ・マニュファクチュアリング)」が完成し、それとともに企業向けのボリュームライセンスの開始や、日本では発表されていない価格やマーケティング施策も相次いで発表されることになるだろう。

 こうしたOffice 2010の動きとともに、今回の製品からOfficeの冠がとれる「Visio 2010」「Project 2010」「SharePoint Server 2010」のほか、「Online Services」といった製品、サービスの発表も相次ぐほか、Windows Liveも2010年春から夏にかけて、次世代の「Wave 4」へと移行することが明らかになっている。

 こうしてみると、2010年はマイクロソフトにとって近年希に見るリリースラッシュの1年となるようだ。手帳の「マイクロソフト」の文字もまだまだ増えるに違いない。

マイクロソフト2010 2009年から2010年にかけて、マイクロソフトの今後数年のビジネス基盤を構成する重要な製品とサービスが相次いでリリースされる。(出典:マイクロソフト)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]